Kanako Machida

せっしょんのこと。

Irish Accordion Player 町田佳菜子のブログ

3月15日のこと。

こんばんは!


お弁当、最近は夜中に作ってるんですが、
これっていつまでだったらセーフなんでしょうか??

もう少し暖かくなってジメジメしてきたら、
夜に作って放置は危険ですよね(*_*)


でも、夜中に作っておいたらいつも通りの時間に起きれるから楽なんだよなー(´・д・`)



留学生が来てから、
お母さんって本当にすごいなと日々思います。


お母さん

毎日お弁当やご飯作ってくれてありがとう!!






さて、3月15日(日)のことです。


このブログでも何度かお知らせしていました
「St. Patrick's Day 特別企画! Ireland Festival 2015」の開催日でした!


旅行トーク、音楽トーク、セッションに雑貨販売をアイリッシュ・パブで。
もちろん、ギネスやフィッシュ&チップスなどアイリッシュ・メニューも楽しめる!
なんとドリンクは100円引き!



足を運んでくださった皆さん、
ありがとうございます!(^^)

楽しんでいただけたでしょうか??




一月前に、今回雑貨・旅行トークを担当していただいたリトル・アイルランドカンパニーさんからフワッとお誘いを頂いたこの企画。

最初は、いつかこんなコラボ企画ができたら楽しそうですよね!という“いつか”話だったのですが、
どうせイベントをするなら、何かきっかけのある時にやりましょう!ということで、
パディズディ、しかも福岡のパレードの日に合わせた開催となりました。



2月のレプラコーンでのセッションの時に、3月はいつにするー?とオーナーさんと相談した時点では、まだ「こんなのできたらいいですねって話しているんですけど、どうですかねー」っていう段階でした。

オーナーさんから、「いいよー(^^)」と快諾いただき(本当にありがとうございます!)
そこから内容を考えて詰めていって、
フライヤーができたのは、開催日の1週間前だったでしょうか。



バッタバタのイベントでした(笑)



ですが、リトル・アイルランドカンパニーさんとレプラコーンの皆さんのお声かけにより、
たくさんの方々に来ていただくことができました。
私たちのFacebook等を見て、北九州から来てくださった方もいました!

ありがとうございました(*^^*)




当日は、早めにお店を開けていただきました。

まずは、テーブルの配置や雑貨の陳列などの準備です。
雑貨はリトル・アイルランドカンパニーさんが持ち込んだものなのですが、
大きな段ボール箱から出てくる出てくる!
置物からキーホルダー、バッグ、編み物などなど、たくさんの種類のかわいい雑貨がいっぱいありました!
アイルランドで人気のポテチまであって、
テンション上がりました\(^^)/



リトル・アイルランドカンパニーさんが、パソコンの準備をしている間、
私たちは最終呼び込みのため、フライヤーと楽器を持ってパレード会場へ向かいました。

ちょっと出発が遅すぎて、パレード後のライブも終わっていて、人もまばらだったのですが、
まだその場に残っていた方々に突撃手渡ししましたm(_ _)m
ライブで出演していた長崎のアイリッシュバンド「オットリーズ」さんたちもいたので、
案内だけでもと思って少しだけですがお話ししました。


レプラコーンに戻る途中にテレビカメラがいて、何かの撮影をしていたので、
楽器をカメラにアピールしつつ通り過ぎてみたりしました。



お店に戻ると、既に何人かお客さんが来てくれていました!感激!


16時になり、リトル・アイルランドカンパニーさんによる旅行トークがはじまりました。


リトル・アイルランドカンパニーさんは、10回を超えてアイルランドを訪れている、アイルランド・ラバーです(*・ω・)

これまでの旅行から、おすすめの町やルートを紹介してくださいました(^^)
ルートに沿って写真をたくさん紹介してくださったので、イメージが湧きやすかったのではと思います。

相当運が良くないと行けない、修道院があった島には、いつか行ってみたいと思いました。
運試しにも良いかもしれません。笑


私が訪れたことのある場所も紹介されていたので、懐かしくもありました。
ジャイアンツ・コーズウェイは本当にすごいので、
アイルランドに行くことがあれば、是非足を運んでいただきたいです!



途中、オットリーズさんが挨拶に来てくださいました。
お忙しい中、ありがとうございましたm(_ _)m



そして、私の音楽のお話です。

前日になっても、話す内容が決められなかったんです(^-^;
いろんなエピソードがあるんですけど、
これを話すならあれも、じゃあアレも・・・
という感じで長くなっちゃいそうだったんですよね。。

なので、とりあえず絶対話したいところだけメモして挑みました。


自己紹介、軽く楽器の説明をして、アイリッシュ音楽の仕組み、曲の種類、セッションの仕組みなんかを話したのですが
思ったよりかなり早く終わってしまったんです(゜ロ゜)

実際に演奏しながら説明をしたので、結構時間を取ってしまうかなと思っていたんですけどね(*_*)

長いかなーと思っていても、話してみると大分短くなるものなんですね。。

今までこんな感じのトークをしたことがなかったので、大変勉強になりました(>_<)



残った時間は、質疑応答で進めていきました。

私が用意した内容では十分でないところもあったでしょうし、
説明を聞きながら疑問が浮かんだ方もいたと思います。


実際に頂いた質問には、
Jigs と Slides の違いは? とか
違う種類の曲を繋げることはあるのか? とか
ダンスや簡単なステップをおしえてくれないか? とか
バスキングではどのくらい稼げるのか? とか
アイルランドでは差別の問題はあるのか? とか
がありました。

実演できるものはして、できないものは一所懸命説明して、
それもできないものは次回持ち越しとなりました(笑)



今回はれおくんと、後でセッションがあるのでセッションメンバーが来てくれていたので、彼らに演奏してもらいながら話すことができ、
よりわかりやすく説明できたんじゃないかなと思っています。

セットの中の曲の変わり目なんかは、ひとりでは演奏しながら説明するのが難しいですし。

私が初めてアイルランドへ行って、セッションに引き込まれていった感じも、
「私がセッションを見ている」という場面を再現(表現?)できたので、
少しは伝えられたかなと思います。




アクシデントではありましたが、
質疑応答の時間が長く取れたことは、お客さんとのコミュニケーションを取りながら進められたという点で、
とてもよかったのではと思います。


実際にやって見せるということも、より興味を持ってもらえる1つの良い方法でした。



今回メモ書きしていたのは、“絶対に話したいこと”だけだったのですが、
おもしろエピソードなんかもメモ書きしておいて、質疑応答の中で関連があるものを話す、
というのもいいのでは、とれおくんからアドバイスをもらいました。


ジョニー・リンゴのカレー事件やシャロン・シャノンの酔っ払い話、
バスキングや旅の間のすてきエピソードなどなど
いろんな話があるんです。


6月に、今度は北九州でこんなイベントをするので、
その時はいろいろストックを持っていこうと思います!




さぁ、続いてセッションです。

本当は、私のトークの1時間後のスタートだったのですが、
折角トークでアイリッシュ音楽の説明をしたので、みんなの記憶にあるうちに!ということで、
少し早めてスタートさせました。



この頃には、店内大賑わいでビックリ&嬉しく、
思わずその様子を写真に撮りました(笑)



セッションも楽しんでいただけていた様子で、よかったです!
北九州から来てくれたアメリカンな親子は、ずーっと踊ってくれてました\(^^)/
ありがとう♪


途中、いつもお世話になっている大橋のお兄さんがお誕生日ということで、こっそりハッピーバースディのリクエストがきて、
ちょっとしたサプライズもできました!
お兄さん、結構サプライズしてくれて、大成功でした(°∀°)


セッションが終わったあとも、Polkaのリクエストがあって、ちょっと延長戦もありつつ、
イベント終了いたしました。





反省点はもちろんありますが、
たくさんの方々に来て、楽しんでいただけたイベントになったのではないかと思います!

足を運んでくださった皆さん、
本当にありがとうございました!


突然の企画を快諾してくださったレプラコーンのオーナーさん、
本当に本当にありがとうございました!


そして、コラボ企画のお誘いをくださったリトル・アイルランドカンパニーさん、
ありがとうございました!
また是非一緒に何かやりましょう(^^)♪





今回、イベントをさせていただいたお店はこちら↓


共催のリトル・アイルランドカンパニーさんのブログ↓




4月のセッション&ライブ情報はこちら↓



ちょろっと書きましたが、6月にこんな感じのイベントを北九州で開催予定です。
セッション、アイリッシュ音楽のお話、旅の写真たち、雑貨販売、ワンコインメニューを考え中です!
詳細決定したら、またお知らせします(^^)

6月14日(日)13:00~17:00
場所: カフェ そらあるき
入場無料・要1オーダー

です!

よろしくお願いします♪