Kanako Machida
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せっしょんのこと。

Irish Accordion Player 町田佳菜子のブログ

3月21日のこと。

さて、外は明るくなり始めたでしょうか。

まだ書きますよー!


3月21日(土)のことです。

月例第3土曜、Half Penny 筑紫口店でのセッションです。

この日はなんと!
京都からの参加者がいたんです♪

私たちが2月に京都でライブをしたときに泊めていただいたフルートさんが、
九州旅行のついでに立ち寄ってくれました^^

ハープさんも来てくれて、いつものように店員さんもバウロンで参加してくれて、
福岡セッションにしては大所帯となりました☆


セッション中に、参加者さんたちにセット振りをするんですが、
新しい人や普段来られない人が来ると、いつもと違う曲が出てきたりしておもしろいんです。

そこで新しい曲を知ったり、記憶の彼方に飛んでいっていた曲が舞い戻ってきたりします。
セットのつくり方も人によってそれぞれで、
そのあとこう行くのかーと勉強にもなります。


途中、ハープさんに「何か弾きませんか?」と聞いたときに、確かジグを弾いてくれたんです。
セッションの中だと、なかなか聞こえにくいハープなんですが、やっぱりかっこいいですね。
しばらく加わらずに聴いてました^^♪
エアーやオ・キャロランもいいですが、ダンスチューンをハープで聴くのも、
また違った味があって素敵です。



何年か前にアイルランドに行ったときに、笛とハープのセッションがありました。
私は参加せずに聴きに行ったのですが、
ハープが1台とフルート奏者が数名のセッションでした。

普段と同じ曲をやったり、テンポもそんなに変わらない、ごく普通のセッションだったのですが、
本当に本当に神秘的でした。

時々、涙が溢れてくるんです。


笛×ハープのセッションは、それ以来聴いたことはありませんが、
もう1度あるなら絶対また聴きに行きます!!!





セッションのあとは、せっかくなので、京都のフルートさんを交えてご飯を食べに行きました。

私のバイトの先輩が、
「福岡に“ぴょんきち”というラーメン屋台があって、そこがめちゃくちゃおいしいから是非行って!」
「町田ぁ、ぴょんきち行った??」
と言うので、行ってきました、ぴょんきち!


私は料理の細かいとこがよくわからないので上手く伝えられませんが、
おいしかったです!

結構こってりを想像してたんですが、かなりあっさりで
ペロっとおいしくいただけました☆


その間も、アイリッシュ界あるあるな話をしたりとか
いろんな人がいるもんだねぇという話をしたりとか。



アイリッシュ仲間とは、会えばセッションができるからいいですよね♪
セッションがあるから会えるとも言える。。。

アイルランドでは、セッション以外で会わない人がたくさんいますし!




セッションって便利♪








今回セッションをさせていただいたお店はこちら↓
Irish Pub Half Penny 筑紫口店




5月のセッション&ライブ情報はこちら↓
5月のセッション&ライブのこと。