Kanako Machida
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せっしょんのこと。

Irish Accordion Player 町田佳菜子のブログ

3月1日のこと。

やってきました、3月記事!

もう3月も残すところ1週間ですが、
できる限り追いついていこうと思います(*_*)


とは言っても、
なんとなんと来月から
ホームステイの受け入れをすることになりまして。
2人のイギリス人さんと一緒に生活することになりそうなんです(^^)

で、普段使っていない物置と化した部屋を片付けて
ちゃんとお部屋にしないといけないんですねー。

3月のことは3月中に書いてしまいたいけれども。
どうなることやら、、、(´・д・`)




さて、3月最初の演奏は、
3月1日(日) Irish Pub the Hakata Harpでのセッションでした♪

このパブは、福岡市の中洲の辺りにあります、ホテルエクレールに併設されたアイリッシュ・パブです。

3月から、毎月第1日曜19:00~21:00にセッションをさせて頂けることになりました☆



前回、定例になる前にさせて頂いたのは、
お店の奥の、少し高くなっている席で、
テーブルをのけるとステージっぽくなるところだったのですが、
今回は、その手前のテーブル席でおこないました。

奥の席だと、演奏人数の割には広めの空間を使ってしまうので仕方がないですね(>_<)



そんな今回でしたが、
フィドル、フルート、バウロンのいつもの面々に加えて、熊本からもバウロン奏者が参加してくれました。
総勢6人のセッションで、ちょっと広がり気味な感じになってしまいました(^-^;

セッションは参加自由なので、人数が読めないこともありますよね。
福岡はまだまだアイリッシュ奏者が少ないので、5、6人が限界でメンバーも固定されてますが、
これから奏者が増えて、10人くらいの大所帯セッションができたらすごいですよね!



熊本からのバウロン奏者さんは、このセッションの1週間後、3月14日の熊本のお寺でのイベントの主催者さんで、
以前から福岡のセッションにも顔を出したいと思ってくれていたようです。
イベントを前に、挨拶も兼ねて来てくれたのかもしれません。

セッションで新しい顔が見られるのは、嬉しいですよね(^^)


賑やかになった今回のセッション。
すぐ近くのテーブルにいたご家族が、とても楽しんで聴いてくれていたのですが

お母さんが踊り出しました♪

手拍子も広がって、とても楽しい雰囲気でした(*・ω・)

他のお客さんで、エジプト人の方がいたのですが、
彼もとても楽しんでくれた様子で、
ドリンクを振る舞ってくれました!
結構な常連さんのようなのですが、
これまでこんなアイリッシュ音楽を聞いたことないよー!もっとしてよ!
と言って頂けました(^^)


とっても楽しいセッションでした♪



そして、この日は嬉しい情報がありました。

熊本からのバウロン奏者さんは、以前沖縄に住んでいて、
沖縄でもセッションやってみませんか??
という話をしてくれました。

呼んでいただけるなら、何処へでも飛んで行きますよ!
とお返事したところ、すぐに沖縄の方と連絡を取ってくれて、

なんと!

沖縄に演奏旅行に行けるかもしれません!!


まだ具体的なことは話し合えていませんが、
実現するといいなぁと思っています(^^)
楽しみです!



この日も素敵な出会いがあった1日でした。





3月演奏は、残すところ3回です。
1回増えました!